ジェネリック医薬品とは?安さやメリットなど新薬との違いも解説

ジェネリック医薬品の概要

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に発売される薬です。新薬と同じ有効成分で作られていて、いろいろな厳しい基準や規制をクリアしたあと、効き目や安全性が新薬と同じと認められてから発売されます。

ED治療薬の超お得セール情報!

管理人おすすめの個人輸入サイトで限定セール開催中!

世界中で大人気のED治療薬「バリフ(10錠)」「カマグラゴールド(4錠)」「タダシップ(4錠)」が4,980円で購入できるチャンス!

通常価格8,680円⇒4,980円とかなりの破格で送料も込みなので、確実に最安値で購入できるチャンス!

ED治療薬を試したいという方にピッタリなので、買い逃さないようにしましょう!

名前の由来

ジェネリックとは、英語で一般的なという意味を持つ単語です。欧米では薬を処方する時に、ジェネリック医薬品と呼ばれています。それが世界に広がり、日本でもジェネリック医薬品という名前が広がりました。

なぜ安いのか?

ジェネリック医薬品と聞くと「値段が安い」というイメージを持たれている方が多いと思います。ではなぜ安いのか?それは開発にかかる期間が新薬と比べて短いため、費用が安くて済むため、価格を安くすることができるんです。

一体どれくらい安くなるの?

いくつかの病気を例に新薬と比較した場合、1年間でどれだけ安くなるのか比較してみました。

 新薬ジェネリック医薬品差額
高血圧症10,950円4,380円6,570円
糖尿病15,330円6,570円8,760円
認知症32,850円14,240円18,610円
123,740円67,890円55,850円

参考:http://www.sawai.co.jp/generic/knowledge/price/

病気によって異なりますが、がんの場合だと新薬との差額が55,850円も安くなります。

ジェネリックのいろんな工夫

ここではジェネリック医薬品のさまざまな工夫について紹介します。

飲みやすいように錠剤の形を小さくする

大くて飲みずらい錠剤を小さくしたり、水なしでも飲める錠剤にしたり、コーティングなどをして苦みを少なくしたりしています。

製品名の表示を大きくする

別の薬と間違えることがないように、薬の製品名を大きく表示しています。これによって、調剤の際や、患者さんが飲み間違えるリスクを回避できます。

新しい形状の薬を開発

睡眠導入剤のように寝る前に飲む薬では、水を飲むと睡眠中に尿意をもよおし、トイレへ向かう際に転倒する危険があります。そうした患者さんに迫る危険を回避するために「水なしでも飲める錠剤」が開発されました。

ジェネリック医薬品のメリット

薬代が安くなる

ジェネリック医薬品のメリットと言えば、「薬の価格が安い」ことでしょう。だいたい、新薬の2~5割だと言われています。病気の内容によっては年間で数万円の違いができることも。

国の医療費を抑える

ジェネリック医薬品は国の医療費を抑えるためにも役立つことをご存じでしたか?今、日本の医療費は40兆円と言われていて、そのうち薬剤費は20%以上と言われています。
もし、特許が切れた新薬をすべてジェネリック医薬品にかえれば、国の年間約1.5兆円も抑えられるそうです。

つまり、国民みんながジェネリック医薬品を選べば国の医療費を抑えられるということになります。

まとめ

ジェネリック医薬品は薬が安くなるだけではなく、患者さんの事を配慮したいろんな工夫がされています。また、国の医療費が膨張を抑えられる事から、今後ますます日本でも普及していくと思います。

まこと薬局は、業界では珍しくクーリングオフができます。

注文する前に何点かわからないことを問い合わせましたが、対応もよく、銀行振り込みをはじめコンビニ、クレジット決済も可能です。

また、発送後のアフターフォローも徹底しているので安心して利用できるサイトだと思いました。

また、現在まこと薬局では3月31日まで限定でお得なセールを開催しています!

世界中で大人気のED治療薬「バリフ(10錠)」「カマグラゴールド(4錠)」「タダシップ(4錠)」が、超お得な4,980円で買えます!

通常価格8,680円⇒4,980円とかなりの破格で送料も込みなので、確実に最安値で購入できるチャンス!

ED治療薬を試したいという方にピッタリなので、買い逃さないようにしましょう!