【優勝賞金1億円】競艇レースの種類を総まとめ

無知なネコ

レースの予定表に「一般」って書いてあったんだけどあれなに?

一般人が参加できるレースってこと?

おにいやん

あれはレースの格付け(グレード)のこと。

要はレースの種類を表しているよ。

競艇を始めたばかりの頃はどのレースも同じものに見えるかもしれませんが、競艇のレースにはグレードが存在します。

毎日どこかしらの競艇場で行われている「一般戦」から年に9回しか開催されない「SG」まで。

グレードがあがるごとに出場条件の厳しさや優勝賞金の額もあがっていきます。

今回はそんな競艇のレースの種類について解説します。

この記事を読むと…

  • 競艇のレースの種類がわかる
  • SG競争の売上がわかる
  • グレードと配当金の関係性がわかる

\ グレードレース的中の口コミが多い予想サイト /

目次

競艇レースのグレードは6種類

無知なネコ

競艇のレースはどのくらい種類があるの?

おにいやん

グレードでわけると全部で6種類あるよ。

競艇のレースはグレードによって以下の6種類にわけられています。

  • SG(スペシャルグレード)
  • PG1
  • G1
  • G2
  • G3
  • 一般戦

最高峰のSGは優勝賞金が1億円なんてことも。

最近ではテレビCMの効果もあってか来場者数や売上金額が右肩上がりです。

それぞれどのようなレースがあるのか順番に解説します。

SG(スペシャルグレード)

競艇におけるグレードの最高峰。厳しい条件を潜り抜けた超一流レーサー達の戦いがSGです。

SGレースは毎年決まった会場で行われるわけではなく、各会場持ち回り。

SGレースはほとんどの場合、最高級別のA1クラスの選手が出場します。

おにいやん

出場する全員が実力者だからほとんどが堅いレース結果になるよ。

SGレースは以下の9つのレースが開催されます。

スクロールできます
レース名日程優勝賞金
ボートレースクラシック(鳳凰賞)毎年3月3,900万円
ボートレースオールスター(笹川賞)毎年5月3,900万円
グランドチャンピオン(グランドチャンピオン決定戦)毎年6月3,300万円
オーシャンカップ毎年7月3,300万円
ボートレースメモリアル(モーターボート記念)毎年8月下旬~9月上旬3,900万円
ボートレースダービー(全日本選手権)毎年10月下旬~11月上旬3,900万円
チャレンジカップ毎年11月下旬3,300万円
グランプリ(賞金王決定戦)毎年12月下旬1億円
グランプリシリーズ毎年12月下旬1,700万円

こうして並べてみるとまず優勝賞金額が半端ではない金額であることがわかると思います。

そして上記のSGの中でも特に格式が高い5つのレースの総称を「GRANDE5(グランデファイブ)」と呼びます。

GRANDE5(グランデファイブ)
  • ボートレースクラシック
  • ボートレースオールスター
  • モーターボートメモリアル
  • ボートレースダービー
  • ボートレースグランプリ

この5つのSG競争すべてで優勝すると3億円相当のインゴットが送られます。

無知なネコ

さ、3億円!?もらった選手いるの!?

おにいやん

2022年時点ではまだいないよ。これから先、3億円がかかったレースがみられると思うとワクワクするね!

▼A1って何?って方はこちら!

PG1

G1レースの中で人気が高く、他のレースよりも格が高いと認められた5つのレースのことです。

スクロールできます
レース名日程優勝賞金
マスターズチャンピオン毎年4月1,100万円
レディースチャンピオンシップ毎年8月1,000万円
ヤングダービー毎年9月1,000万円
BBCトーナメント毎年11月下旬~12月上旬3,300万円
クイーンズクライマックス本戦
クイーンズクライマックスシリーズ
毎年11月下旬~12月上旬本戦1,500万円
シリーズ戦1,000万円
おにいやん

出場資格には年齢や性別に制限があるけど、級別を問わずに出場できるよ。

▼年末のお祭り「クイーンズクライマックス」を詳しく知りたい方はこちら!

G1

SG・PG1に次ぐレースがG1です。

SGほど出場条件が厳しくはありませんが、実力者が集まるレースです。

各レース場・各地区のチャンピオンを決める戦いでもあります。

また、各競艇場の周年記念の際や施設のリニューアルを記念した大会もあります。

おにいやん

年間35回くらい開催されるから、代表的なものを紹介するね。

スクロールできます
レース名日程優勝賞金
周年記念競走
(各競艇場の周年記念)
各競艇場によって異なる1,000万円
ダイヤモンドカップ
(施設リニューアルを記念して開催)
不定期開催800万円
地区選手権競走毎年1月中旬~1月下旬450万円

G2

G2はG1の下に位置するグレード。開催は年に8回前後と、他のグレードレースに比べて開催頻度が少ないのが特徴です。

スクロールできます
レース名日程優勝賞金
モーターボート甲子園7月中旬450万円
モーターボート大賞その年により違う450万円
レディースオールスター毎年1月中旬~1月下旬450万円

G3

G3はG2の下に位置するグレード。

レースはオールレディースやマスターズリーグ、企業杯等があります。

おにいやん

優勝賞金は105万円以上と決まっているよ。

一般戦

格付けのないレースが一般戦です。

A1の選手からB2の選手まで全ての選手が出場しますので、明らかに実力差が歴然であるレースもあります。

おにいやん

優勝賞金は74万円以上と決まっているよ。

一般戦は面白いレース名がついていることがあります。

例えばこれは浜名湖競艇場で開催されたレースですが…

無知なネコ

ビールとボートしか勝たん独身女の休日記念…

おにいやん

そんな女性も素敵だよね!

▼浜名湖競艇場での勝率を上げたい方はこちら!

\ グレードレース的中の口コミが多い予想サイト /

万舟戦争グリーンベレー

\ 的中連発! 9月16日 住之江 463,140円 /

【2021年】SGレースの売上

無知なネコ

SGがすごいレースだってことはわかったけど、売上はどのくらいあるの?

おにいやん

SGは売上もすごいんだよ。

競艇レースの最高峰であるSGは出場条件の厳しさや優勝賞金もすごいですが、

売り上げもとんでもない額です。2021年のSGレースの売上を見てみましょう。

2021年SGレース総売上一覧
レース名売上金額
ボートレースクラシック(鳳凰賞)131億2750万1800円
ボートレースオールスター(笹川賞)188億3271万6200円
グランドチャンピオン(グランドチャンピオン決定戦)150億7166万4500円
オーシャンカップ150億9760万900円
ボートレースメモリアル(モーターボート記念)195億1122万4000円
ボートレースダービー(全日本選手権)138億7789万1000円
チャレンジカップ142億6829万5200円
グランプリ(賞金王決定戦)
グランプリシリーズ
240億7516万4000円
無知なネコ

全部が100億円以上!!!すごすぎるね!!!

おにいやん

桁が違うよね。

ちなみにボートレースダービーはフライングによる返還があったからそれが無かったかもっと売上が上がってたね。

2021年のグランプリでは優勝戦で41億円の返還があっても240億円を超えています。

近年は競艇の人気が更に上がっていますので、今後さらにSGレースの売上が上がることが期待されています。

▼売上推移を知って高配当レースを的中させたい方はこちら!

高いグレードレースでの予想のコツ

無知なネコ

グレードが高くなったら予想はどんな風にすればいいの?

おにいやん

グレードが高くなるほど選手の実力が均等になってくるから、1コース軸に考えて大丈夫だよ。

高いグレードになっていくほど選手の実力が拮抗してきます。

そのため、枠番通りの着順になる堅いレースになるケースが増えます。

ただ、注意しなければならないのは堅いレースが多いということはオッズが低くなりがちであるということです。

おにいやん

買い目をしっかり絞らないとトリガミになっちゃうってことだね。

無知なネコ

とはいっても…当たっても安いやつばっかで、いざって時に外れて負けるってパターンが多いんだよね。

オッズが低いと小さくコツコツ的中させても、一回の失敗で全てが水の泡になることがとても多いです。

買い目の見極めは慎重に。

▼買い目の調整を理解して収支を安定させたい方はこちら!

自分で買い目を調整してもうまくいかない場合、予想サイトの無料予想でプロがどんな買い目調整をしているのか確かめてみるのも賢い手かもしれませんね。

\ グレードレース的中の口コミが多い予想サイト /

万舟戦争グリーンベレー

\ 的中連発! 9月16日 住之江 463,140円 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次